五嶋屋

暮らしの中に和紙のやさしさ、温もりを 和紙・襖紙・壁紙の通販|五嶋屋

商品カテゴリ

コンテンツ

ブログ紹介

店主日記

メール会員登録

 

HOME»  襖の基礎知識

襖の基礎知識

襖の歴史

 
襖は、平安時代の寝殿造りで使われた几帳(きちょう)、衝立(ついたて)屏風(びょうぶ)、明かり障子などの調度品から日本で独自に生まれましたこれらの調度品の上張りには絹を用いていましたが、中国から唐紙(からかみ)が入ってくるようになり、次第に唐紙が用いられるようになっていきました。
 

 

襖

 

その唐紙の上に大和絵が描かれるようになり、初期の機能的な用途に装飾的な要素が加わり、貴族文化に定着していきました。この襖の原形は唐紙障子と呼ばれ、はめ込み式障子の形で部屋を仕切るだけのものでした。
 
平安時代中期以降になって、引き違いにする遣戸障子(やりどしょうじ)が登場し、鎌倉、室町時代に書院造りの完成とともに現在の襖の形が完成されました。

 


 

桃山時代になると、襖の製作が盛んになり、書院などでは時代を代表する絵師が、水墨画や大和絵を描き、金箔がふんだんに使われるなど、絢爛豪華な襖が数多く作られました。また茶室などでも、侘び寂びの表現のため太鼓張りの襖ができたり、引手の名品が残るなど隆盛を極めました。
 

 

襖


 

江戸時代の中期になると一般の民家にも明かり障子が広まり、商家などには襖が浸透するようになり、襖絵も淡白で単純なものへと変化していきました。
明治時代になると、洋風化の風潮の中、家も洋室と和室が混在するようになってきました。そのため、片面が洋風で片面が和風の襖紙が貼ってある戸襖が使われるようになりました。
大正、昭和の時代になると美術品としての役割がなくなり均一化され、大量生産により、一般家庭へと広まっていきました。