五嶋屋と大川の歴史

筑後川の水運で栄えた二つの藩が交わる町。

五嶋屋は、木工の町・大川で脈々と受け継がれてきた伝統をいまに守る和紙専門店。

五嶋屋と大川

榎津町 札の辻(高札場跡)

当家に残る商売道具 「両替秤(りょうがえばかり) 榎津箪笥(えのきづたんす) 薬などを計るための竿秤(さおばかり) 矢立(やたて)携帯用の筆記用具 塩や魚を仕入れるため問屋から出された許可証 薬販売のためのマニュアル本 大福帳など商売でもちいた帳簿類」

五嶋屋は、歴史と伝統を守り、そして現代にあった品々をご提供して参ります。